▲ページTOPへ

HOME > 賞状書士とは
head_img

賞状書士とは?

■賞状書士とはどんな資格?

賞状 賞状書士とは、毛筆などを使った実務的な技能を民間の資格団体が認定した資格の一つです。

賞状書士の資格を取得すると賞状や感謝状の筆耕や、招待状の宛名書き、内祝いののし書き、式次第、表札、胸章(リボン) などの実務に精通した毛筆筆耕技能が身につきます。

自分の筆(腕)でそのような宛名書きをすると他人に見られるということもあり、とてもやりがいのある実務になります。


書道や文字を書くのが好きな方に・・・

賞状書士は賞状や感謝状、贈り物やご祝儀の宛名などを筆で美しく書き上げる専門家です。 そのような技能を認定する資格制度があるのです。

自分の文字はまわりからキレイだと言われている方も多いと思います。
そんなふうに思ってもらえるのはいい気持ちですよね。そこからこの仕事の楽しさややりがいが芽生えてくると思います。

全てにいえることなんですが、趣味や仕事などは「おもしろい」「楽しい」といったことが長く続けることができる秘訣ですし、スキルも自然とレベルアップしてくるのです。

このように文字を書くのが好きになれば、賞状書士の資格にチャレンジしようという気持ちが涌いてくるのです。やはりそのような資格があるとアピール度が全然違いますよね。
仕事の受注が入ったり、就職活動にも有利になることがあります。
そうすれば賞状書士という仕事の楽しさが実感できるのです。

▼詳しくは賞状書士の仕事へ

 
-スポンサードリンク-

がくぶんの賞状書士
詳細はこちら→ がくぶんの賞状書士養成講座

  

 




ページトップに戻る